長門市社会福祉協議会ホームページへようこそ 

news2019.6.25-1

Home>社協NEWS>法と福祉のセミナーが開催されました

法と福祉のセミナーが開催されました

 令和元年6月25日(火)、サンライフ萩にて萩・長門法律相談センター主催(本会は共催)の「第18回 法と福祉のセミナー」が開催されました。萩市開催となった今回は「子ども食堂を中心とした地域福祉の在り方」と題し、より地域福祉に重点を置いたテーマが取り上げられました。

 荻さんの講演 パネルディスカッション

 当日は現在、長門市で「深川ルンルン食堂」を運営されている荻 隆宣さんによる講演からはじまり、「子ども食堂は、貧困状態にあるかそうでないかに関わらず、家庭や学校等で孤独感を抱えて生活している子どもに対して“ひとりじゃないよ”というメッセージを伝えてあげることができる、無くてはならない場」となっていることを話されました。
 その後、小林弁護士がコーディネーターとなり、各専門職や団体の方々によるパネルディスカッション、萩消費生活研究会のみなさんによる「母さん助けて詐欺!」と題した寸劇、そして弁護士さんによる萩・長門・阿武町地域の司法アクセスについてのお話がありました。

 寸劇「母さん助けて詐欺!」 弁護士によるお話

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional