長門市社会福祉協議会ホームページへようこそ 

news2018.5.27-1

Home>社協NEWS>通地区防災訓練

通地区防災訓練が開催されました

通地区防災訓練

 5月27日(日)、通地区小浦埋立地にて、長門市主催の「防災訓練」が行われました。この訓練は、地震・津波災害発生を想定した総合的な訓練を実施することにより、住民の防災意識の高揚と自助・共助の強化及び防災関係機関相互の連携強化を醸成することを目的として開催されています。

 当日、長門市社会福祉協議会では、下記のコーナーを運営しました。

新聞紙でできるスリッパ作り体験

新聞紙スリッパ作り

防災パネル展示

防災パネル

災害ボランティア登録の受付

ボランティア登録

ゴミ袋を活用した雨がっぱ作り体験

ゴミ袋雨がっぱ作り

防災グッズ展示

防災グッズ

災害義援金の受付

災害義援金

 「日頃の備えが大切」と分かってはいるものの、実際どれくらいの食糧を用意しておけば良いのか、防災グッズはどこで買えばいいのかなど、「知らなかった」という声が多く聞かれました。また、体験コナーでは多くの方にスリッパ作り・雨がっぱ作りを体験していただきました。
 災害が発生した時は、行政を中心に関係機関が連携して救助活動、復興活動、生活支援活動を行うことになります。社協では、今後も日頃からの備えの大切さを啓発していくとともに、地域の見守り体制の強化、災害ボランティアの育成、災害ボランティアセンターの運営準備などを進めていきたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional