長門市社会福祉協議会ホームページへようこそ 

grants2011.2.25-1

Home助成・各種申込バックナンバーH22年度 助成・各種申込バックナンバー>第28回 老後を豊かにするボランティア活動資金助成

第28回 老後を豊かにするボランティア活動資金助成

実施団体

 財団法人 みずほ教育福祉財団

助成の対象となるグループ

 地域社会で高齢者のための活動をすすめている幅広いボランティアグループ(住民参加型在宅福祉サービス団体等を含む)で、次の要件を満たすもの。

  1. ボランティア数10人~50人程度
  2. 結成以来の活動実績2年以上

助成の対象となる活動

  1. 地域の活動で内容が先駆的かつ他の範となるもの。
  2. 今日のニーズに対応した内容で継続性の高いもの。
  3. 活動の方法に工夫がみられ、他に普及したいもの。

助成対象となる具体的な活動内容および使途項目等

 在宅および施設等いずれの場所でのボランティア活動であるかは問いません。ボランティア活動に直接使用する用具・機器等の購入に限定します(材料費除く)。

助成を希望する
ボランティア活動内容
対象となる使途項目の例示
1.高齢者の日常生活を援助するボランティア活動食事サービス、健康づくり、友愛訪問等の生活援助活動に必要な機材等
2.高齢者の生活環境を良くするボランティア活動高齢者宅の除雪作業活動、家屋の修理活動、植木の手入清掃活動等に必要な用具・機材等
3.高齢者のレクリエーション等を豊かにするボランティア活動レクリエーション等の活動に必要な用具・機材・楽器等
4.高齢者と他世代との交流を図るボランティア活動伝統芸能継承等の活動に必要な用具・機材等

*継続したボランティア活動が可能となるものを優先します。
*一般的な運営軽費(事務経費等)の補填、研修事業に関する軽費等は対象となりません。

助成対象外となるもの

以下のグループ活動は助成の対象となりません。

  1. 本助成を過去3年以内に受けたことのあるグループ
  2. 老人クラブ
  3. 社団法人、財団法人、社会福祉法人、NPO法人等の法人格を有する団体

助成金額およびグループ数

 助成金額は、1グループにつき10万円を限度とし、申請内容を検討したうえ、決定。
 助成グループの数は、180グループ程度。

応募方法および申込期限

 所定の申請書(都道府県・政令指定都市の社会福祉協議会に送付済。コピー可)を都道府県・政令指定都市社会福祉協議会または市区町村社会福祉協議会の推薦を得て、平成23年5月31日(火)までにみずほ教育福祉財団に必着。
 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行本店内
 *(財)みずほ教育福祉財団に直接送付。
 *推薦の手続きには、時間を要する場合があるので、推薦社協には、早めに推薦依頼し、遅くとも1週間前までには、「申請書」を持ち込むこと。

お問い合せ先

 (財)みずほ教育福祉財団 福祉事業部 藤井様
 TEL:03-3596-4532 FAX:03-3596-4531

応募要領・申請書

 ホームページ(http://www.mizuho-ewf.or.jp)より、応募要領・申請書はダウンロードできます(平成23年2月末頃より)。
 ただし、申請書はすべて手書きで記入してください。

詳細

 詳しくはこちら→http://www.mizuho-ewf.or.jp

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional